FX・為替好きOLのピボットでシステムトレード(*^ー゚)v

為替を初めて3年。色々トレードした結果 裁量よりもシステムトレードの方が利益が 出ることを痛感(o´д`o)=3 今はPIVOTを活用し損小利大で儲けてます☆ 皆さんに無料でPIVOT指数を公開します♪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は一日家なんで一気にUPしちゃいます
ピボットポイントの使い方と仕組み

<ピボットの仕組み

ピボットは、日足値での前日高値、安値、終値を用いて
計算します。その計算式は、まずPivot(基準値)を
求めるところから始めます

 H:前日高値、L:前日安値、C:前日終値

 Pivot(P)=(H+L+C)/3

 第1レジスタンス(R1)=2P-H
 第2レジスタンス(R2)=P-H+L
 第1サポート(S1)=2P-L
 第2サポート(S2)=P+H-L
 HBOP=2P-2L+H
 LBOP=2P-2H+L


 <ピボットの使い方
 R1~R2のレンジは買いゾーン
 S1~S2のレンジは売りゾーン
 HBOP以上になった場合、売り玉を手仕舞い(損切り)
 LBOP以下になった場合、買い玉を手仕舞い(損切り)

 これらを基準に、短期の逆張りを行うというのが基本的な
 使い方です。要するに、価格がサポートラインに来た所で
 買い、レジスタンスラインに来た所で売りです
 もし、第1のサポート(S1)・レジスタンス(R1)で
 仕掛けた時の値幅があまりない、又はもっと安く(高く)
 買い(売り)たい時には、第2サポート(S2)・
 レジスタンス(R2)まで待つ、という選択肢もあります


pivot2.jpg

 

皆さん大体理解できましたか?




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。